前へ
次へ

鍼灸治療は実績がポイントになる

鍼灸治療は、ツボを刺激する手法ですが、鍼はその名の通り、経穴へのピンポイント施術になります。確実な位置を探ることが必要ですから、術者がどれだけの患者さんにアプローチ(経験や実績)してきたのかがポイントでしょう。灸は、その部位を皮膚の表面から温熱刺激する内容ですから、鍼よりは広範囲の施術が期待できますし、灸ならば一般家庭でもできる治療の1つにもなっています。鍼灸治療を行う施設では、灸の痕が残る有痕灸のみならず、無痕灸もありますし、患者さんによって使用するモグサの品質も様々、それぞれの師によっても治療法は微妙に異なるといいます。それだけ治療費にも差があることが伺い知れます。痕が残る治療では、直接肌の上にモグサを置いて火をつけ、その透熱によって刺激しています。その中の1つには、イボや水虫などに効果的となる焦灼灸もあります。これは、イボの上に直接灸をして患部組織にダメージを負わせるもので、皮膚機能の向上により、痕も後々はきれいになります。

Page Top