前へ
次へ

西洋医学と鍼灸治療も行う東洋医学

日本では西洋医学がメインで行われていますが、海外では東洋医学も同じくらい浸透をしています。鍼灸治療は東洋医学であり、自覚症状や症候を重視するのも特徴です。痛みや悪い症状を抑え込むのではなく、体の内側から治療をしていきます。東洋医学の優れたところは、未病にも効果を発揮するところであり、鍼灸治療もそうですが人間が本来持つ、自ら治そうとする力をサポートする方法です。現代の医療界の主流となるのは西洋医学であり、生理学や解剖学などを中心に発達をしてきた学問でもあります。必要に応じて手術をしたり投薬を行い、病気や疾患になっている悪いところを取り除き、治していくのが東洋医学です。科学的な検査を行い、細胞や遺伝子レベルで病因を分析します。アメリカや日本をはじめとした先進国では、メインになるのは西洋医学ではあるものの、日本では東洋医学の良さを理解する人が増えてきました。身近な東洋医学となる鍼灸治療などは、まさに日本人にも身近になっています。

Page Top